操作マニュアル:1.【共通】エディトルの画面の見方

目次へ戻る2.【編集者】プロジェクトの作成方法 →

目次

1.【共通】エディトルの画面の見方

本章では、エディトルログイン後に表示される画面、および各メニューからできることを紹介します。
はじめに、エディトル上で用いられる言葉の定義を簡単に説明します。

チームクライアントのメディアごとに紐づく、編集者・クリエイターのコンテンツ制作グループを指します。原則編集者1名と、1名~複数名のクリエイターが参加し、1チームを編成します。1メディアに対し、複数のチームが紐づいている場合もあります。
プロジェクト各チームに紐づく、仕事のまとまりを指します(≒案件)。1プロジェクトは、1つ~複数の制作物を含んでいます。1プロジェクト内にあるすべての制作物が完了すると、そのプロジェクトが1つ完了した状態になります。
制作物プロジェクトに紐づく成果物(記事など)を指しており、1つの成果物につき1つの制作物を設定します。例えば、プロジェクトで10記事の納品が必要な場合、10の制作物を設定します。制作物は、1つ~複数のタスクを含んでいます。1制作物内にある全てのタスクが完了すると、その制作物が完了した状態になります。
タスク各制作物に紐づく、業務を指します(例:編集、執筆)。1タスク1名の担当者がアサインされ、各タスクで報酬や期日を設定できます。1タスクごとにクライアントの検収が完了次第、そのタスク分の報酬支払いが確定します(ご入金は原則翌月末)。

チーム>プロジェクト>制作物>タスクの順に単位が小さくなります(左側ほど上位概念)。

詳細は各節でも触れますので、併せてご確認ください。

ログインしたときに最初に表示される画面

ログイン後、最初に表示される画面がこちらです。編集者・クリエイターともに、メニューは同じものが表示されています。

概要は以下の通りですが、詳細は各リンクをクリックしてご確認ください。

①プロジェクト各プロジェクトの情報を確認したり、タスク・制作物の発注申請や納品することができます。
→詳しくはこちら
②マイタスク自身がアサインされたタスクの一覧を確認することができます。
→詳しくはこちら
③チーム自身が参加しているチームの一覧を確認することができます。
→詳しくはこちら
④報酬・発注書ご対応いただいたタスクに対する確定報酬金額や発注書を確認することができます。
→詳しくはこちら(案件対応マニュアル「お支払いについて」へ遷移します)
⑤メールアイコン(メッセージに関するお知らせ)エディトル内のチャットでメッセージ送信がされた場合に通知が届きます。網掛け表示の通知が未読のものとなり、未読メッセージがある場合は、その通知数がアイコンに重ねて表示されます。
⑥アラームアイコンタスク・制作物・プロジェクトの制作ステータス(※)に関する通知が届きます。
メールアイコン同様、網掛け表示の通知が未確認のものとなり、未確認の通知がある場合は、その通知数がアイコンに重ねて表示されます。
※制作ステータスについての詳細はこちら
⑦人型アイコン各種設定の変更や、マニュアル・利用規約等の確認をしたいときは、こちらから確認することができます。

会員情報の編集
住所のような共通情報の他、ご経歴・得意ジャンル・ポートフォリオなどのクリエイター情報の編集ができます。
ログイン情報の変更
メールアドレスやパスワードのログイン時に必要な情報の変更ができます。
利用規約
エディトル利用規約を確認できます。
お知らせ
お知らせ一覧を確認できます。なお新着のお知らせは、エディトルログイン時にも自動的に表示されます。
マニュアル
本マニュアルを含む、エディトルに関するマニュアルを確認できます。
改善要望フォーム
エディトルを使用いただく中で改善点等があった際、こちらのフォームよりご投稿いただけます。運営スタッフに直接伝えづらい内容も含め、ぜひご要望をお寄せいただけますと幸いです。
※頂いたご意見・ご要望は、すぐの反映が難しい場合もございます。予めご了承ください。

チーム

チームは、各メディアに紐づけられた、そのメディア専用のコンテンツ制作グループです。

「チーム」メニューでは、自分が参加しているチームの一覧が参照できます。編集者・クリエイターともに、表示されている要素は同じです(後述⑤のみ、編集者のみに表示されています)。

① 絞込検索機能
「クライアント名」「メディア名」で検索ができます。
部分一致でも検索可能ですが、「エディトル」の登録名に対し「えでぃとる」など、検索ワードの表記(かな・カタカナ・アルファベット)が異なる場合は、検索結果から弾かれてしまうのでご注意ください。

②「クライアント」
クライアント名が表示されています。

③「メディア」
メディア名が表示されています。同メディアに複数チームが存在するケースもあります。

④「チーム」
チームへの参加者総数・チーム名が表示されています。「メンバー確認」をクリックすると、画面右側に下記画像のようにチームメンバー一覧が表示されます。

編集者アカウントは「プロフィール」をクリックすると、チームメンバーのプロフィールを閲覧できます。
※チームメンバーではないユーザーのプロフィールは閲覧できません。

⑤「プロジェクト作成」(編集者アカウントのみ)
該当チームに紐づけて、新規のプロジェクトを作成したいときに使用します。
→詳しくはこちら

⑥「チームチャット」
各チームに対し、3種類の連絡用スレッドが設けられており、クリックするとチャット画面へ遷移します。
→詳しくはこちら

マイタスク

タスクは制作物を完成させるために必要な各業務を指します。「マイタスク」メニューでは、自身がアサインされたタスクを確認することができます。編集者・クリエイターともに、表示されている要素は同じです。

各タスクごとに、担当者・報酬・各種納期の設定ができ、完了次第、そのタスクに対する報酬支払いが確定します(ご入金は翌月末)。

画面について

①ステータス絞込機能

制作ステータスごとに、自身がアサインされているタスクを絞り込むことができます。デフォルトの状態では、「全て」が選択されています。
※制作ステータスについての詳細はこちら

②ステータス

そのタスクのステータスが表示されています。

③タイプ

そのタスクの種別が表示されています。

④制作物

そのタスクを含む制作物名が表示されています。

⑤編集者

そのタスクを含むプロジェクトの編集者(リーダー)が表示されています。

⑥プロジェクト

そのタスクを含むプロジェクト名が表示されています。プロジェクト名をクリックすると、プロジェクト詳細画面に遷移し、詳細を確認することができます。

※プロジェクト詳細画面についての詳細はこちら

⑦報酬

そのタスクに対する報酬が表示されています。

⑧検収完了予定日

そのタスクが検収完了になる予定日が表示されています。「▼」をクリックすることで、表示タスクを日付順に並び替えることができます。
※前後には、初稿納期や検収完了日の表示もあります。

制作ステータス(プロジェクト、制作物、タスク共通)

「マイタスク」メニューでは、制作ステータスごとに絞込機能があります。制作ステータスは以下5種類に分けられ、タスクを最小単位として、制作物やプロジェクトにも、この考え方が適用されます。

また、制作ステータスは、原則上から順に1段階ずつ進行します(差し戻しなどが発生した場合も、1段階ずつ後退します)。

ステータス対応者状態
設定中編集者(もしくは運営スタッフ)編集者(運営スタッフ)にて、タスクの設定を行っている、もしくは当該のプロジェクトや制作物に、設定中のタスクが含まれている状態です。
申請中クライアント編集者(運営スタッフ)が制作物・タスクの設定を完了し、クライアントに内容の確認を依頼している、もしくは当該のプロジェクトや制作物に、申請中のタスクが含まれている状態です。

※クライアントが承認すると発注完了となり、作業中へステータスが進みます。逆に非承認で差し戻されると、設定中のステータスに戻ります。
作業中各タスク担当者クライアントへの発注が完了し各担当者がタスクを進行している、もしくは当該プロジェクト・制作物に作業中のタスクが含まれている状態です。
成果物が完成したら、編集者へ提出し、編集者はクライアントへ納品・検収依頼を行います。

※納品・検収依頼のやり方についての詳細はこちら
検収中クライアント編集者からクライアントへ、タスクの納品確認を依頼している、もしくは当該プロジェクト・制作物に検収中のタスクが含まれている状態です。

※クライアントが承認すると検収が完了し、完了へステータスが進みます。逆に非承認で差し戻されると、作業中のステータスに戻ります。
完了先方が納品を承認した状態です。1タスクごとにクライアントの検収が完了次第、そのタスク分の報酬支払いが確定します(ご入金は原則翌月末)

プロジェクト:対象のプロジェクト内、すべての制作物が完了ステータスになっている。
制作物:対象の制作物内、すべてのタスクが完了ステータスになっている。
タスク:編集者の検収依頼がクライアントに承認され、タスクの納品が完了している。

制作物・プロジェクトのステータス判定について

制作物においては、その中に含まれるタスクのステータスに基づき、表示されるステータスが決定します。同様にプロジェクトのステータス表示においても、その中に含まれる制作物のステータスに基づき、ステータスが決定します。

なお、検収中のタスクが含まれる場合は、作業中のタスクが進行している場合でも、制作物のステータスは「検収中」表示となりますのでご注意ください(プロジェクトのステータス判定も同様に、作業中に対して検収中が優先的に表示されます)。
自身が担当するタスクのステータスは、「マイタスク」メニューより、個々に確認できますので、そちらも参照してください。

プロジェクト画面

デフォルトの画面では以下のような表示になっています。

なお、編集者・クリエイターともに一部を除き、表示される要素はおおむね同じです。(【編集者・クリエイターの表示要素に関する相違点】については、後述の各節で詳しく触れます。)

プロジェクト一覧

自身がアサインされたタスクを含むプロジェクトが表示されます(同チーム内でプロジェクトが作成されても、自身がアサインされたタスクがない場合は、プロジェクト一覧には表示されません)。
プロジェクト一覧は、クライアント名で絞込検索をすることができます。

※自身がアサインされたタスクの詳細を確認したい場合は、「マイタスク」メニューからも参照いただけます。
→詳しくはこちら

また、編集者はプロジェクトの新規作成設定・追加・編集を行うことができます。
→詳しくはこちら

プロジェクト詳細

左側の一覧から選択したプロジェクトの詳細を確認できます。主な表示項目は下記画像の通りです。

①概要
制作にあたり、チーム全体に周知しておくべき下記のような情報を記載する項目です。
・レギュレーション
・マニュアル
・ルールや共有事項 等

【編集者】制作にあたり必要な情報を適切に記載してください。継続案件でも、毎回記載があることで伝達漏れなどを防ぐことができます。
【クリエイター】記載された情報を必ず確認の上、担当タスクを進行してください。不明点があれば編集者へ問い合わせてください。

②制作物
プロジェクト内の制作物のうち、自身がアサインされたタスクを含む制作物が表示されます(編集者の場合は全ての制作物が表示されます)。
各制作物をクリックすると、右側に制作物詳細画面が表示されます。

編集者は制作物の設定・追加・編集を行うことができます。
→詳しくはこちら

なお、編集者・クリエイターともに以下を除き、表示される要素はおおむね同じです。

【編集者・クリエイターの表示に関する相違点】
・クリエイターは自身がアサインされている(タスクを含む)制作物のみ表示されますが、編集者はプロジェクト内すべての制作物が表示されます。

・クリエイターアカウントは、チームリーダーの編集者をクリックすると編集者のプロフィールが閲覧できます。

※チームリーダーではない編集者のプロフィールは閲覧できません。

制作物詳細画面

プロジェクト詳細画面から選択した、制作物の詳細を確認できる画面です。なお、編集者・クリエイターともに以下を除き、表示される要素はおおむね同じです。

【編集者・クリエイターの表示要素に関する相違点】
・クリエイターは、自身がアサインされているタスクの金額のみが見られますが、編集者は制作物内すべての金額を確認できます。

・編集者のみに、タスクへのファイル添付および検収依頼ボタンが表示されます。

主な表示項目は画像の通りですが、制作物の内容及びタスクについては、下記もご確認ください。

①制作物の内容

制作物単位での共有・指定事項等の記載項目です。プロジェクト概要同様に、編集者が記入した情報をクリエイターが確認し、進行に必要な情報共有を行ってください。

②タスク

制作物内に設定されたタスク一覧が表示されます。

【編集者】タスクの設定・追加・編集・申請・納品を行うことができます。詳しくはこちら

【クリエイター】自身がアサインされたタスクの報酬・各種納期、またその他タスクの各種納期を確認することができます。担当タスクの設定内容に準じて、業務を進行します。

ⅰ)タスクの種別タスクの種別が表示されています。タスクの種別は全部で9つあります。
→詳しくはこちら
ⅱ)担当者タスクにアサインされている担当者が表示されています。
ⅲ)報酬タスクに対する報酬額が表示されています。
ⅳ)各種納期タスクの各種納期が表示されています。
┗初稿納期:初稿の提出日が表示されています。
┗検収完了予定日:クライアントの検収が完了する予定日が表示されています。
┗検収依頼日:クライアントへ検収を依頼した日付が自動的に表示されます。
ⅴ)検収完了日クライアントが納品された成果物について、検収を完了させた日付が自動的に表示されます。作業中ステータスの場合、表示はありません。
ⅵ)アップロード画面【編集者のみ】編集者が納品・検収依頼を行う場合に、タスクの成果物をここからアップロードできます。
→詳しくはこちら
ⅶ)検収依頼ボタン【編集者のみ】編集者はタスクの成果物をアップロードした後、ここからクライアントに検収依頼を提出できます。
※「編集」タスクのみ、添付ファイルは不要。
→詳しくはこちら
目次へ戻る→ 2.【編集者】プロジェクトの作成方法

トップへ戻る