案件対応マニュアル:2.【編集者】求められる意識

← 1.【共通】サービス概要目次に戻る3.【クリエイター】求められる意識 →

2.【編集者】編集者に求められる意識

編集者としてコンテンツの品質担保を担うにあたり、下記の点は特に注意を払ってご対応ください。

クライアント・メディア理解の徹底クライアントのビジネスモデルやメディアコンセプト、制作するコンテンツのテーマや目的を把握してください。
正確に把握できない場合は調べたり、クライアントに直接確認したりしましょう。
品質の追求クライアントは要望を完璧に言語化できていない場合があります。より良いコンテンツを作るための提案や確認は積極的に行ってください。

※提案する場合
・編集者・クリエイターに追加報酬が必要な業務があるもの・業務が増えるもの→お支払いに影響する可能性があるため、ウィルゲート担当者へご連絡ください。
・レギュレーションや制作ルールなどに関するもの→ウィルゲートへのご連絡は不要です。
クライアントとのすり合わせあいまいな状態で制作を進めた場合、修正量が増える・関係者間でのトラブルが起きる原因になります。
「どのようなコンテンツを作るか」「どこまで対応するか・しないか」をすり合わせてから制作を進めてください。

→詳細は以下のパートをご確認ください。
5.【編集者】初回すり合わせについて
クリエイターとのすり合わせ・納品物のチェッククライアントの要望や意図を正確にクリエイターに伝え、納品物が求められる水準に達しているか確認してください。
納品物の不備は編集者の責任となりますので、チェックは徹底的に行い、不備があればクリエイターに修正を依頼してください。
※納品時は、ウィルゲート支給の重複チェックツールを必ず用いて、コピーコンテンツの疑いが無いと確認できたものをご提出ください。

→重複チェックツールについては、以下の専用マニュアルもご確認ください。
重複チェックツールマニュアル
迅速な対応・報告クライアントやクリエイターとのやり取りにおいては、速やかな確認・返信をお願いします。
また、不測の事態(遅延やトラブル)や変更が発生しそうな場合にも、ウィルゲート担当者を含む関係者へ速やかに連絡してください。

→詳細は以下のパートをご確認ください。
9.【編集者】クライアント・クリエイターとのコミュニケーション
基本的な不備の予防誤字脱字・レギュレーション違反・ファイルの誤送信などの不備は起こさないようご注意ください。

webメディアの編集者に求められる視点・制作プロセスについては、動画でも解説しています。

『活躍する編集者になるために何が必要?~webメディアの編集者に求められること~』(YouTubeリンク)

chapter1:webメディアにおける記事の役割って?
chapter2:記事を作成する上でのプロセス(3:50頃~)
chapter3:編集者が担当するプロセスの説明(8:21頃~)
chapter4:編集者の重要性(17:35頃~)

← 1.【共通】サービス概要目次に戻る3.【クリエイター】求められる意識 →

トップへ戻る