案件対応マニュアル:3.【クリエイター】求められる意識

← 2.【編集者】求められる意識目次に戻る4.【共通】制作スタートまでの流れ →

3.【クリエイター】求められる意識

制作にあたり、下記の点は特に注意を払ってご対応ください。

クライアント・メディア理解の徹底クライアントのビジネスモデルやメディアコンセプト、制作するコンテンツのテーマや目的を把握してください。
正確に把握できない場合は調べたり、編集者に直接確認したりしましょう。
品質の追求クライアントは要望を完璧に言語化できていない場合があります。より良いコンテンツを作るための提案や確認は積極的に行ってください。
(クリエイターの方は編集者へ提案・確認を行ってください)

※提案する場合
・編集者・クリエイターに追加報酬が必要な業務があるもの・業務が増えるもの→お支払いに影響する可能性があるため、ウィルゲート担当者へご連絡ください。
・レギュレーションや制作ルールなどに関するもの→ウィルゲートへのご連絡は不要です。

※ライターの方は以下のマニュアルもあわせてご確認ください。
記事作成マニュアル
編集者とのすり合わせあいまいな状態で制作を進めた場合、修正量が増える・関係者間でのトラブルが起きる原因になります。
「どのようなコンテンツを作るか」「どこまで対応するか・しないか」をすり合わせてから制作を進めてください。

※案件によっては独自レギュレーションやフォーマットがあらかじめ決められています。プロジェクト内容等をよく確認してから着手のうえご提出ください。
正確性の担保、根拠・ 理由の明示記事制作において、事実確認を行い正確な情報を記載することはクリエイターの責任となります。
内容や主張の根拠・理由を明示し、文章における曖昧さや論理破綻がないように執筆してください。
迅速な対応・報告クライアントや編集者とのやり取りにおいては、速やかな確認・返信をお願いします。
また、不測の事態(遅延やトラブル)が発生しそうな状況の際にも、ウィルゲート担当者を含む関係者へ速やかに連絡してください。

詳細は以下のパートをご確認ください。
10.【クリエイター】クライアント・編集者とのコミュニケーションについて
基本的な不備の予防誤字脱字・レギュレーション違反・ファイルの誤送信などの不備は起こさないようご注意ください。
← 2.【編集者】求められる意識目次に戻る4.【共通】制作スタートまでの流れ →

トップへ戻る