案件対応マニュアル:7.【共通】エディトルでのプロジェクト作成・発注申請について

← 6.【編集者】初回すり合わせで確認するべき項目・注意点目次に戻る8.【編集者】クライアント・クリエイターとのコミュニケーション →

7.【共通】エディトルでのプロジェクト作成・発注申請について

クライアント・編集者の初回すり合わせが完了し、スケジュール・報酬額・依頼先が決定したら、エディトル上でプロジェクト作成・発注申請を行います。

プロジェクト作成・発注申請のしかた

基本的に編集者が行います。(例外的に編集者がいない案件や、何らかの事情で編集者が操作できない場合に限り、運営スタッフが行うこともあります)

詳しい操作については下記ページをご確認ください。

エディトル操作マニュアル「2.【編集者】プロジェクトの作成方法」
エディトル操作マニュアル「3.【編集者】制作物・タスクの設定方法」

発注申請について

エディトル上で編集者がタスクを発注申請し、クライアントが発注することで、正式に発注・アサインが確定し、業務がスタートできます。またクライアント承認をもって発注書が作成されます。

※タスクを追加・設定した状態(=ステータスが「設定中」)のままでは、正式な発注ではないことにご注意ください。

申請中の場合でも、先行してチャット等で関係者とコミュニケーションをとったり、業務を開始することは可能です。ただしステータスが「設定中」から変わらない(クライアント承認が遅れている)場合は、編集者はクライアントへ、クリエイターは編集者へご確認をお願いします。

【編集者の方へ】
上記の通り、発注申請が承認されていないと正式な発注とならないため、発注申請を行わずに依頼することは原則禁止とさせていただきます。
ただし、発注申請を行うとどうしても業務に影響が出てしまう場合には、運営スタッフへご相談ください。

← 6.【編集者】初回すり合わせで確認するべき項目・注意点目次に戻る8.【編集者】クライアント・クリエイターとのコミュニケーション →

トップへ戻る